2016年3月26日27日

環境教育インストラクター応募資格取得セミナー

【開  催 日】2016年3月26日(土)27日(日)  

【募集状況】終了しました

【会  場】取手市福祉会館(茨城県取手市)

【受講費用】7000円(エコピープル5600円)

 

募集人員:最大15名のアットホームな会場です

*環境カウンセラー全国連合会佐々木理事長が二日間コーディネートします。

本セミナーは座学ではありません。参加者が対話形式で「環境教育/ESD」を学習していきます。


主なプログラム内容

講義

「COP21:パリ協定以降の国際的潮流を受けた環境教育/ESDの進め方、その方向のポイント」

(基調講演)「環境教育における博物館の役割」

「環境教育における安全対策」

活動事例紹介

(仮題)「万能コミュニケーションツールとしての漫画を活用した環境教育の進め方」

(仮題)「低炭素杯2016ファイナリスト(茨城県代表)に選ばれるまでに私が社内で推進した活動について」

演習

環境教育プログラムの作り方

説明

環境教育インストラクター資格認定手続きについて

修了証授与

★★ECUの「環境教育インストラクター認定」は環境大臣に認定された人材認定事業です。本セミナーの受講修了者は環境教育インストラクター認定の応募資格を得ることができます。詳しい内容は、チラシをご覧下さい。参加ご希望の方は、必要事項を記載した申込書を、原則としてメールに添付してお送り下さい。

★★ECUの「環境教育インストラクター認定」の内容は、環境省のホームページで確認することができます。


セミナーのプログラム、チラシ、申込書は下の欄よりダウンロードしてください。

プログラム(取手会場).pdf
PDFファイル 67.2 KB
チラシ(取手会場).pdf
PDFファイル 1.3 MB
申込書(取手会場).doc
Microsoft Word 34.0 KB

プログラム

            一日目

序論

「COP21:パリ協定以降の国際的潮流を受けた環境教育/ESDの進め方、その方向のポイント」

基調講演

「環境教育における博物館の役割」

活動事例紹介1

(仮題)「万能コミュニケーションツールとしての漫画を活用した環境教育の進め方」

活動事例紹介2

(仮題)「低炭素杯2016ファイナリスト(茨城県代表)に選ばれるまでに私が社内で推進した活動について」

「環境教育ワークショップ」

・環境教育プログラム作成について

ワークショップ・グループ作業

             二日目

講義「環境教育における安全対策」

ワークショップ・グループ作業

ワークショップ・成果発表(各グループごとに発表、質疑応答)

講評(ホーム課題も含む)

環境教育インストラクター資格認定手続き説明

セミナー修了証授与