職務分掌規程

職務分掌規程

 

(目 的)

第1条 定款第52条に基づき、同第15条の役員の職務分掌に関する事項を定める。

 

(理事長)

第2条 理事長は、本会を代表し、会務を総理する。

 

(副理事長)

第3条 副理事長は、理事長を補佐し、次の通り職務を分担する。

(1) 理事長代行兼総務担当副理事長 理事長に事故あるとき又は理事長が欠けたときは、その職務を代行するとともに、本会の総務並びに業務委員会を所掌する。

(2) 財務、倫理審査・企画研究担当副理事長 財務、倫理審査を担当するとともに財務、企画研究及び広報委員会を所掌する。理事長及び理事長代行共に事故ある時は、第2位の理事長職務代行者となる。

(3) 市民委員会担当副理事長 市民第1委員会から市民第4委員会までを所掌する。理事長及び理事長代行共に事故ある時は、第3位の理事長職務代行者となる。

(4) 事業委員会担当副理事長 事業第1委員会から事業第3委員会までを所掌する。理事長及び理事長代行共に事故ある時は、第4位の理事長職務代行者となる。

 

(専務理事)

第4条 専務理事は、この法人の会計及び事務局を所掌する。理事長及び理事長代行共に事故ある時は、第5位の理事長職務代行者となる。

 

(常務理事)

第5条 常務理事は、次の通り職務を分担する。

(1)業務担当常務理事 業務委員会の委員長として、業務に関する事項を所掌する

(2)財務担当常務理事 財務委員会の長として、財務、賛助会員に関する事項を所掌する。

(3)広報担当常務理事 広報委員会の委員長として、広報に関する事項を所掌する。

(4)企画・研究担当常務理事 企画・研究委員会の委員長として、新規事業・活動の企画や新規の研究・調査に関する事項を所掌する。

(5)環境教育担当常務理事 市民第1委員会の委員長として、環境教育に関する事項を所掌する。

(6)地球温暖化防止担当常務理事 市民第2委員会の委員長として、地球温暖化防止に関する事項を所掌する。 

(7)循環型社会形成担当常務理事 市民第3委員会の委員長として、循環型社会形成に関する事項を所掌する。

(8)緑化推進担当常務理事 市民第4委員会の委員長として、緑化推進に関する事項を所掌する。

 

(地域ブロック担当理事)

第6条 地域ブロック担当理事は、次の通り職務を分担する。

(1)北海道ブロック担当理事 北海道ブロック協議会の会長として、当該ブロックの活動を掌握する。

(2)東北ブロック担当理事 東北ブロック協議会の会長として、当該ブロックの活動を掌握する。

(3)北越ブロック担当理事 北越ブロック協議会の会長として、当該ブロックの活動を掌握する。

(4)関東ブロック担当理事 関東ブロック協議会の会長として、当該ブロックの活動を掌握する。

(5)中部ブロック担当理事 中部ブロック協議会の会長として、当該ブロックの活動を掌握する。

(6)近畿ブロック担当理事 近畿ブロック協議会の会長として、当該ブロックの活動を掌握する。

(7)中国ブロック担当理事 中国ブロック協議会の会長として、当該ブロックの活動を掌握する。

(8)四国ブロック担当理事 四国ブロック協議会の会長として、当該ブロックの活動を掌握する。

(9)九州ブロック担当理事 九州ブロック協議会の会長として、当該ブロックの活動を掌握する。

 

(無任所理事)

第7条 特定の所掌、担当を持たない理事は、理事長の特命事項を担当するほか、本会全般の運営について、役員として大所高所から意見を述べ、責任を分担する。

 

(監事)

第8条 監事は、定款第15条5項に定める職務を行う。

 

(付 則)

この規程は、平成15年12月9日から施行する。