2019年度の登録更新についてのお知らせ

今年度の更新申請につきましては2020年2月中に該当者にメールでお知らせをお送りします。おもな変更点は、申請方式のデジタル化、申請書記載内容の簡素化です。

以上、ご了解の上ご申請くださいますようお願い申し上げます。

   注:メールでの連絡に対応できない方にはお知らせを郵送します。

事務局

 

更新申請お知らせ文.docx
Microsoft Word 16.2 KB
2019年度更新申請書様式.docx
Microsoft Word 14.7 KB

2019年度登録及び更新申請についてのお知らせ

募集要項を改訂しましたのでお知らせします。

変更点は、申請方式のデジタル化、登録申請料金の値下げなどです。申請の様式類に大きな変更はありません。なお、一昨年度までありました9月末締め切り申請は廃止いたしました。今後、申請は3月末日締切に一本化されます。

【募集期間】

      受付開始 2019年 10月1日

      締め切り 2020年 3月31日

 

以上、ご了解の上ご申請くださいますようお願い申し上げます。

事務局

2019年度募集要項(02版).pdf
PDFファイル 116.3 KB
2019年度登録申請様式1-4(02版).docx
Microsoft Word 39.1 KB

環境教育インストラクター認定

「環境大臣登録人材認定等事業 環境教育インストラクター認定」とは

「環境教育インストラクター認定」は、NPO法人環境カウンセラー全国連合会(ECU)が行ってきた事業活動が認められ、「環境保全のための意欲の増進及び環境教育の推進に関する法律(改正後:環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律)」に基づき、環境大臣認定の「人材認定等事業」(環政経発第070620002号 平成19年6月20日)として登録されている人材認定です。

 

★環境省の人材認定等事業は こちら(環境省ホームページ)で確認できます。

★環境教育インストラクター認定は こちら(環境省ホームページ)で確認できます。

 

★「環境教育インストラクター認定」は環境カウンセラーを目指す方にも有利な資格です。

    環境カウンセラー登録申請にあたって、環境教育インストラクター認定を受けてい

    る方は、申請に必要な経験のうち、すでに一年分の実績があるものと、みなされま

    す。(「令和元年度環境カウンセラー募集要項 環境省」による)

    環境カウンセラーの募集要項は こちら(環境省ホームページ)をご覧ください。

1.目的及び方法

環境教育の良質な指導者を育成するとともに、環境問題を広範囲に思考しながら学習指導を行うことができる指導者の認定を目的としています。

指導者として必要な能力・経験を有し、環境教育の指導者として認められた方に登録証を交付します。

2.申請要件

次の2つの要件を同時に満たす方が申請できます。

(1)特定非営利活動法人環境カウンセラー全国連合会 (ECU) またはECUが認定する団体が主催する「環境教育インストラクター応募資格取得セミナー」受講者で、交付の日から3年以内の受講修了証を持つ方。

   ①環境カウンセラー全国連合会 (ECU) が主催する「環境教育インストラクター

    応募資格取得セミナー」

   ② ECUが認定する団体が主催する「環境教育インストラクター応募資格取得

    セミナー」

   ③ECUが実施する「環境教育インストラクター応募資格取得通信講座」

 

 ECU認定団体(2019年07月現在)

   NPO法人 武蔵野・多摩環境カウンセラー協議会

   NPO法人 東京城南環境カウンセラー協議会

   NPO法人 杉並環境カウンセラー協議会

   NPO法人 東京城北環境カウンセラー協議会

   NPO法人 かながわ環境カウンセラー協議会

   NPO法人 大阪環境カウンセラー協会

   NPO法人 ふくおか環境カウンセラー協会

        風人(かぜひと)環境カウンセリング協会

         NPO法人 静岡県環境カウンセラー協会

         ECU認定大学

(2)環境教育指導者としての知識を有し、環境教育の実践経験を2年以上有する方。

大学生の場合は上記に加えてECUが認定する大学が発行する「環境教育の実践経験を2年以上有する者であることを証明する書類」を有する方。

   ECU認定大学(2019年7月現在)

   東京家政大学

   東海大学

   高千穂大学

3.審査

環境教育インストラクターとして認定される方は、NPO法人環境カウンセラー全国連合会「環境教育インストラクター認定委員会」において、書類審査後、認否を判定し、結果を通知します。

 審査の主なポイントは次の4点です。

① 環境教育指導者としての実践に基づく経験

② 環境教育指導者に関する資格、経歴

③ 環境教育指導者としての環境全般の幅広い知識

④ 環境教育を指導するに当たり、すぐに実践に応用できる能力

審査基準

具体的な審査基準は「審査の方法・基準」と「別紙(1)」をご覧ください。

「審査の方法・基準」と「別紙(1)」.pdf
PDFファイル 12.6 KB

  提出書類の審査方法と審査基準

  別紙(1)

4.費用  (2019年度の金額です)

(1)セミナー受講料(2日間セミナーの標準的な金額です。全国一律ではありません。)

    7,000円 (環境社会検定合格者は5,600円に割引します)

 ・環境教育インストラクター認定審査の申請条件として、

特定非営利活動法人環境カウンセラー全国連合会 (ECU) またはECUが認定する団体が主催する「環境教育インストラクター応募資格取得セミナー」を修了していることが必要になりますので、必ず受講してください。 セミナーは前記どちらの団体が主催したものでも有効ですので、ぜひ参加をご検討ください。  

・2日間コースが標準的なコースです。

(2)登録申請料金(認定審査料) 

   9,800円 

(3)更新申請料金(認定更新料)

   2,800円  

・認定は3年間有効です。   

・更新を希望される方は3年毎に認定更新の申請が必要です。