研究紀要論文募集

現在、環境カウンセラーESD学会では、研究紀要用の原稿を募集しております。

先日の新潟大会でのご発表ほか、教育・研究等に関することを広く社会に発信する貴重な機会となります。執筆方法は「研究紀要規程」の通りです。

皆様の積極的なご応募をお待ちしております。

平成30年2月23日

環境カウンセラーESD学会 編集委員会

■送付先 締め切り  平成30年3月10日

編集委員会 庄司一也まで kzyshj@email.plala.or.jp

090-1462-1477

 

 

環境カウンセラーESD学会 研究紀要規程

■誌名 ESD by EC Report

 (副)  <環境カウンセラーESD研究>

■発行 年1回3月1日(付けで年度内発行)

  学術出版物として ISSNを取得したものとなります。

※印刷媒体として発行のほか HP(PDF)で公開いたします。

■執筆者(以下のうちいずれかで、①からは競合したときの優先順となります)

①学会会員

②研究大会発表者

③環境カウンセラー

④環境教育インストラクター

⑤会長が認めた者

 

■投稿規定(内容及び枚数)

  ①ESD(SDGs)に関する研究論文 (上限12ページ)

  ②ESD(SDGs)に関する実践論文 (上限8ページ)

  ③ESD(SDGs)に関する調査論文 (上限6ページ)

  ④その他、環境教育の実践に関する論文 (上限8ページ) 

■使用言語: 日本語

  A4 23字×47行 2段組 (印面はB5仕上がり)

  タイトル等は学会発表論文集に準じます

  上記の枚数を厳守(投稿規定以外の原稿は受付できません)

■審査

  投稿論文は審査のうえ掲載の可否を決定します